札幌地裁、高裁の判決は有力な武器になる。

新年あけましておめでとうございます。

 

1月1日は快晴でした。北陸ではあまりみられない美しい空を見上げました。

本年もよろしくお願いします。

 

さて、弁護士 郷路征記 さんの言葉の中に「札幌地裁、高裁」の判決は有力な武器になるとあります。

何の武器だと思いますか?

 

「教義に傾倒させ、これを断ち切り難い状態まで強めさせられた結果、自由な意思決定を妨げられている」これに対抗する武器になると言われています。

「私はマインドコントロールにかかっていません!」という人、まさにマインドコントロールにかかっています。それに、1例を挙げると高森顕徹は全部正しい、の元に他人の家に夜中に押し入って会員に泣いて喚いて近所迷惑をかけた行為を「教義」として正当だと思うから、やらかした 前川正義は、組織の奴隷です。

 

「自己の自主的判断で思想信条を選択する権利を守る事、その事を侵害するものに対して闘う事が本当に大切であること」

 

その事を忘れないでください。正当な教義ならば、このような前川正義のような奴隷をうみません。