定義

浄土真宗のお言葉一つ一つには、定義があります。[なに?定義て。数学でもあるまいに。また、夕顔のアホがなんか言っているわ!]

そんな声が聞こえてきそうです。

でも、定義無しに誰かと話をしようとしたら、しっちゃかめっちゃかになります。

定義そしてその趣旨の大事を、これは痛いほど分かっている人間がいます。

そこにいる弁護士小堀秀行ですよ。

分かってやる罪は分からずにやる罪より軽いか重いか?こんな事も分からないんですからね?尋常ではない。論破する為に論点をわざとずらしまくる。

定義もなんも、高森顕徹が言う事が正解。

こんな恐ろしい判断はありませんからね。高森顕徹の言葉通りに物事をする事は、小堀秀行の人生を担保するものでは無いのですよ?

高森顕徹は、小堀秀行ばかりでなく、誰の人生も担保しませんからね。必死で死ぬ気で守り抜いた高森顕徹は、貴方の人生を担保しない。

どうするんです?せっかく人間に生まれて来て。

定義やら担保やら、何だと言うのか?仕方ないじゃ無いですか、小堀秀行に分かる言葉でも使わないと彼は教義にさえ、たどりつかないのですから。