近藤智史さんの口癖

「肉を切らせて骨を断つ」

 

これは、近藤智史さんの口癖でした。

最近、意味も訳もわからない漢字の書き順まで散々間違えたと「近藤智史さんのアシスタント時の証言」そんな高森顕徹が使ってるんですって?

訳も分からない癖に分かったように話をするな、ですね。

そこにいる、コバンザメの灯台「直ぐ変換間違える、東大のアシスタントも気付いてスルーしているんでしょ。分かっていてスルーするのは頭が痺れたからですか?」ならば、怖いですね、知識も思考も奪われたロボットですから。

顕正「顕邪」新聞をずーっと調べなさい、「ロボットになってもいい」と書いてあるから。そんな事、浄土真宗にはありませんからね?

高森顕徹は、正真正銘間違えているんです。この、「一益法門」の異安心、「知識帰命の異安心」の輩。

知識帰命というより、無知識盲信の浄土真宗破壊集団。