浄土に生まれる身となったら

当たり前ですが浄土に生まれる身となった、

そこで終わり〜 ではありません。自分が恵まれた幸を

あらゆる人に実現するために、無限に働き続けると聞いています。

阿弥陀仏の本願によりたまたま恵まれた幸[人生の生き方]死の意味が明らかに知らされ

この人生が浄土に生まれる事に続くと気付かされます。これが一大事。

後の世の一大事 一大事とは一番大事な事

 

高森顕徹に言われたから一大事でも無い。高森恭子が言ったから一大事でも何でも無い。経済力が一大事ではない。お金が一大事でもない。

 

一番大事な事を永久に閉ざしたがる、これが[正式名称浄土真宗親鸞会]で行われていますよ、やめなさいよ、と受け取って記します。