仏様とは、何かを差し出したら返しに助けて下さる方ではない。

仏様とは何かを差し出したら助けて下さる方ではないです。

そんな事は当たり前になっているのですが、高森顕徹率いる高森会[正式名称浄土真宗親鸞会]では、金と、高森顕徹やら高森恭子やらに弓引いたら、除名で助からん、仏様にも会えない、とこうなっている。

 

蓮如上人の六字釈でみてみます。

蓮如上人は、[発願回向]の主体を、行者[修行者自身が実践する行の事]

から

阿弥陀仏に転じて、[発願回向]とは、阿弥陀仏が私を助けようと願いを発し、仏様はお徳の全てを私に与えて下さると言われています。

浄土真宗のご縁深き人は、当たり前の話でしょう。何せ、私に出来る事は無いからです。

何かあると思って[正式名称浄土真宗親鸞会]から、抜けられなくなって、しかも契約書に縛られているとは、

蓮如上人に弓を引き、蓮如上人は親鸞聖人を承けておられるから、親鸞聖人に弓を引く、とんでもない事ですよ。

 

正定聚不退転の位に住す、は勿体ない話です。仏様を仰ぐ存在である以上、

迷い迷ってキツネ目をして、能面みたいに歩いている姿がなにか、哀れで、もの悲しいですね。あんな威張って、どうするのかしら?とか、実際の所はおかしいのは速攻で分かるので、本当に哀れです。気の毒です。迷い迷い、またまた迷い、、、。