学徒出陣

学徒出陣のテレビを見ている。特攻隊の生き残りの90代の人が話す一言一句は、まさに今の高森顕徹率いる[正式名称浄土真宗親鸞会]

こんな、ちゃちな ナメクジ集団[花岡発言]でなく、国家の命令と空気に、死にたくない等と言えなかった。お前らは[子どもや、女性や、年寄りの為に死ねないのか]と、言われたら、断われ無かったという。

私の伯父も学徒出陣で死んだ。父は末っ子で赤ちゃん。当時は20歳違いの兄弟はあった。国を挙げての[空気]に逆らえば殺される。負けると知りながら、誰も止められないのは[空気]だったという。それが当たり前という[空気]

 

だから空気をよく読める学徒出陣があったんだなあ。

だから、高森顕徹の組織は言わなくても分かっているだろう、と言う。

いや、[言わなければ、何も分からないよ]こんな事を言う人間は、変な人だの除名だのと喚き出す。

 

[空気]を上手に読む天才みたいなのが、松本光志 [恥ずかしくもなく、高森会総監]好きでやってんだろうから、間違い教義でも、その組織ごっこ。でも、仕える高森顕徹どころか、子どもさえ、しばらくしたら70、自身は40も後半。無常なんだから。間違った参考書で、大学受けてる人を笑えない。

本当に、求めたものを知らずあたら人生何も知らず終わるのかと。おろかなか事だと思う。