「除名者」は救急車が真生会を選んでも医師はみない(まあ、運ばないけどね)

夕顔の日記

 

除名者は、建物や本堂や関連したものすべてに入れません。➡これしっかり講師の声残ってますね

 

ですから、一真生会病院に意識なく救急車で運ばれても見殺しにされます。そういう事でしょ?これは医師としての責任はあるんではないですか?真鍋院長、やる気あるんですか?

 

 

それとも?真生会と親鸞会は無関係ですか?嘘ですね、そんなわけはない。だって高森親鸞会の特専部の特専部長は、小堀秀行という会員ではないですか。

というか、もう 何を言ってもおんなじこっちゃ、ですよ。

 

運ばれたか無いですねえ、でも自分の意思が通じないときはどないすんですか。

除名者の病人が真生会に行ったら、診療拒否するわけですか。そんなことがまかり通ると思ってるところが、頭がおかしいのよ。

 

いや、高森顕徹が一回、ばっちり拒否しましたから、これ、どうするんでしょ

 

社会の人はね、高森会と違って、直ぐ言って直ぐ忘れる頭で無いんですよ?朝言って高森の気が変わっただけで、みな変えられる、そんな都合のいいもんでないんですからね。「おちょこ」のカルト度高い、表現も難しいおかしな団体ですね。