なんの話ですか?仏様?

夕顔の日記

 

岡本一志 ほっとする仏様の話より引用

どんなに努力しても、目的が間違っていたら、めざすところにたどり着くということはありません。
逆に、正しい目的に向かっているなら、仮に歩みが遅くても、最後にはかならず、たどり着けます。
努力はとても大切なことですが、その前に何のための努力なのか、それは正しく目的に向かってのことなのかということが、ハッキリしていなければなりません。
もし、がんばっているのに空回りしている、がんばっても進んでいる感じがしないと思ったら、自分は何のために努力をしているのかを、改めて振り返ってみてみましょう。(P206-P207)

 だーーーかーーーらーーーー「正しいやら、目的やら」、「努力やら、向かうやら」、はい、もう一回真っ白にして考えてみてくださいよ 無理ですか? 心が、ぶっ壊れていて

 

yugaomemo.hatenablog.com