高森の歎異抄は、議論にも話にもならないのです。だから相手にもされないんです。わかりましたか。

夕顔の日記

 

大平光代 さん(弁護士 学歴義務教育 中央仏教学院通信教育部)

 

若い人たちには「歎異抄」を読んで、ぜひ本物とニセモノを見分ける力をつけてほしいと思います。」

 

歎異抄の本はたくさん出ていますが、大平光代さんの言葉にはずしっとくるものがありますね。

言行録や手紙を通して浮かび上がる親鸞聖人の肉声

 

 

f:id:yugaomemo:20180408200212j:plain

 

高森の「歎異抄」は格好は立派ですが中身は滅茶苦茶のものです。議論にも話にもなりません。よって相手にはされないのです。わかりましたか?