言葉遊びと揚げ足取りは高森親鸞会の十八番

夕顔の日記

 

ルサンチマン高森、華光会で指摘でもされましたか。

言葉遊びしとるのは、高森ですよ? 前に2グループに分かれさせてディベート大会して喜んでいたのも高森。揚げ足取りは、藤田洋子と高森恭子の十八番ですやんけ。人の手紙やらメールを勝手に見まくって、その中から突けそうなとこを探してるんだから、揚げ足取りの藤田洋子「返事が来ないって?」と言いましたが、高森に出した手紙ですよ?なんで、藤田洋子が知り、しかも返信など言っても無いことで揚げ足とってみとるんか!高森の返信なんかいらんよ、言っただけやんけ。頭、大丈夫かね?エスパーか。大幹部坂口さんがあの時ハッキリ聞いていて、これ確か録音残ってますね。光晴聞いてますよ。

そういう他人のカバンを勝手にひらくようなことをして平気でいるのは、異常ですからね、あんたら異常なんだって。それ、どっか良心のたがが、ぶっ壊れて、ぶっ壊れたかけらが、その空間に舞いまわっとるの。人のもんだろうがお構いなし。これが「善」か。あんたらの「善」はたがが、ぶっ壊れてるから、異常現象なんだって。こんなもん「おちょこ」だろうが、カルト度が高い。

 

勝手にメールを開くことを承知で「恭子先生と光晴先生がそんな方だとは思えないんですが?」とメールを確か中山とやらいう講師に流してみたら、「渡部」までいき、渡部から、ぐるっと回って、宮田さんに行きました。

 

様子を聞くためです。すごい回り方、ぐるっと回ってきました。笑えるでしょ?

 

嘘だねつ造だ,というならば、試したらいいでしょう。ただし私が一回試してますから警戒はされますよ

 

大体において、こうして相手してやってるんだからありがたいと思ってよね。だーーーれも、あほらしくて相手にしないんだから。社会からの目というものを知らない、その空間だけ、異常なの。

 

東京ディズニーランドに遊びに行った帰りに、様子を主人と見たら角田講師が出てきて、誰やらに「約束した!!?だれと??」と、まーーー、ど真剣に聞いてましたわ。

 

遊んでるようにしか見えんのよね。で、そのときに空気が異様。そこだけ、くるくる同じとこで時間が止まっておる。瀬戸川庸だって目釣りあげて、ハンカチもってトイレに急いで行って、急ぐ癖があるんですねえ、というか、いそがしそうにする癖だわよ。坂口大幹部はいっつも、慌てていましたが、何を慌ててんのか、と思いましたわ。昼間に電話に出ないでやんの、活動してないと思われるからだと。あのね、あんな奴らに何を思われたら言い訳?あんた、なんも分からしてもらってないし、行学やら?勝手に言ってなにしとん、「行」て・・・・法蔵菩薩、ぶっとばして、何様やーーーーーーー