浄土に暗き矢 を都合が悪いもんだから、ごっそりわざわざ抜いた高森顕徹

夕顔の日記

 

浄土に暗き矢  をまるまるごっそりと抜かす卑怯者高森顕徹。ここを読めば、だれでも間違いがスキーーーーーっりと分かります。これで、分からないと言ったらしびれてるんです。そういう人は度し難し。

 

これは、貞慶という人が法然聖人・親鸞聖人を攻撃した中にある項目です。この方は興福寺という法相宗の核にある「唯識思想」からの攻撃です。この唯識思想の立場に立って法然聖人・親鸞聖人への攻撃をしました。

これが有名な興福寺の奏状」貞慶は当時の朝廷に訴えまで起こしています。

         ↓

これが今の高森親鸞会と同じ主張なんです。もう一度いいましょうか。これが今の高森親鸞会と同じ主張なんです。もう一度言います、これが今の高森親鸞会と同じです、

ぼーーーーっとしてますね、もう一度言いますこれが今の高森親鸞会と同じ主張なんです。回答すると頭が混乱するので、落ち着いて自分で読んでみてください。検索でもしたらいいじゃないですか?

ゆえに法然聖人・親鸞聖人を攻撃しているのは、外ならぬ外道高森親鸞会だったんですよ。