高森は高齢で限界かもしれないが、近藤さんは死にかけなのに罵倒してきた連中だから

夕顔の日記

 

良心のたががぶっ壊れている恐ろしさ。もう少しおだてたら金を出すと、裏で算段している恐ろしい連中。

不治の病の近藤さんがそれでも明るくコメントされていても、高森親鸞会の連中は罵倒。あれは、人間なのか。

 

あれでも人生を語るやら、不安の解決やら、ぬかしている連中なのかと思いましたよ。

 

善悪の判断や良心のたがが外れて、何をしてもいいと思っているんですね、価値観がぶっ壊れて、その瞬間にきつめ目になるのか、学院を卒業できるのもそういう時らしい。

 

頑張ろうとしている間はだめで、肩がどんどん落ちてやる気がなくなったら一丁上がりですかね。私は、一丁上がりにならないし、素直でないから、そういう人間はめざとく見つけるのが高森恭子。

 

でもね、人間を見ることができるのは、沢山の情報があんた恭子の中に入ってくるからね。

よーいドン!のゼロからなら、私 高森恭子に負けませんよ 誰がどうかなんて。いんちきなんですよ、あの人の場合は、手紙やら耳打ちやら、リークやら山のように入るから。まあ、あんな人に、勝ってもしかたないけどね。

 

 

上層部は(なんの上だか知らんけど)見捨てていいけど、末端の会員さんはまともな法を聞いてほしい。それがあるから。そのためには、とりあえず、その祭り上げられて、金出している状態をやめないと。陰では、もう少しおだてたら、金出すぞ、あの婆ちゃん、と言ってるんだよ?