高森顕徹は本当に言葉がおかしい

夕顔の日記

 

喧喧囂囂➡けんけんごうごう  大辞林

ですね。多くの人が銘々勝手に発言してやかましいさま。

        ↓

高森顕徹の説 喧々諤々➡けんけんがくがく

 

これについては、厳しい試験を通ってきた人たちは、なぜ言わないんですか?

まして我らが師匠というなら何故教えてやらないのですか?

言えないんですか?

その理由はなんですか?

「高森先生は信心決定されているから」だから、これこそおかしいんですよ。他の人間の無信心は知っていますよ、

 

でも、無信心の人が高森の信心がなぜわかる?しかも、間違いでもOKを出すくらいの盲目に惚れ込むまでになぜなれるんですか?

それを、マインドコントロールというんでないんですか?単なる爺ちゃんでないですか。