9条は大事ですよ、教えてあげます 高森顕徹

夕顔の日記

 

安心問答より引用

 

第9条の唯円との対話が載ることはあっても、短い時間ではないかと思います。
年齢的にも、おそらく高森顕徹会長がかかわる最後の映像作品になるでしょうから、その主題は「第2条の関東の同行が京都の親鸞聖人のところへ身命を顧みず聞きにいったように、命がけで富山へ行きなさい」になる可能性は非常に高いと思います。なぜならそれが、高森会長の一貫した話の結論だからです。

 

第9条は唯円との対話です。後半の中でここだけが他人との会話形式になっています。

それほど重要な場面でしょう。

 

だいたい、第2条の最後に高森は「信心が本物でなかったと知っただけでも大きいことだ」とやら抜かしていますが、どんな解釈したらそうなるの?知らんから聞きに来た、

だから? 

アニメばっかり見せられて、強迫観念に駆られて行くことを仏縁などど勘違いする。土方徹也が「海外旅行に行って帰ったらすぐまた海外旅行に行く準備をする依存症がある」と偉そうに言ってますが、高森会はどうか。行かなければ地獄だと言ってハッキリ言っているんだから、とんでもない依存症になっています。毎回毎回連れていく人を焼き畑していっていますからね。もう麻薬ですよね、ここまでいくと。

カルト度高いねえ。

もっともっと金は運んで来い、金出せ、一生懸命聞け、聞けば法話代金が入るで。講師も一緒や。

「死にたくないじゃないの、私だって寝ていたいわよ」と森川美恵子は言いましたが、まあこの人、信心決定してると言ってるので(全くの異安心)私だって寝ていたいですか?森川さん、あんた好きで依存症みたいに飛び回っているんでしょ?

 

あ、「血の海発言気になりますか? 録音もアップも知りませんよ、私がやったという名目で除名と神聖なる議事録とやらにきっちり書いてありますよ。

警察やらお上というのはムジナですからね、じたばたしても無駄な時はむだですよ。じたばたしていてごらんなさいよ。地獄で脅かす地獄秘事。弁護士がおろうが、何がおろうが、んなもん なるようにしかならんでよ。