顎でこき使うのはだめです

夕顔の日記

 

高森恭子の子供が講堂かどっかで走り回っていたら、わが子を高森恭子自らがなんとかしなさいいくらなんでも自分の事は自分でしましょう。

 

三浦淳一さんから伝わってますよ。なんで岸本聡子があごで使われて始末しているのです?「おかしい」と思われたので言われたから広まったのでしょう。岸本聡子は顎で使われていいんですか?よくないですね。

 

そういうことが当たり前になっているから自分より弱いと思うと、態度が悪いんです。

 

暴力事件で訴えた斎尾さんに、こともあろうに、金無いだろうから小堀秀行弁護士が逆告訴してやる、て聞いてますが、事実ならば、幼児が「先生、弁護士さんて悪い人の味方なの?」というテレビ報道の言葉とおんなじですね。

 

堀秀行弁護士はそういう根っこは無いはずなんです。早くおかしな団体のマインドコントロールから足ぬけされて、まっとうな弁護士活動をなさってください。嶋田さんの遺言でもありました。・・・・まあ、このように本音を書きますと、高森恭子がバンバンに躍起になりますが、いいじゃないですか、恭子の立場はああですし、小堀弁護士が本音に戻っても構わないと思いますよ。

 

仕事柄沢山のサイトを見ているはずなんですよ、わたしなんかよりももっと難しい話のブログだって見てますよ、どれだけ、マインドコントロールが強固でも、余った頭で十分理解しているはずです。自分が、あの恐ろしい契約をつくったからですか?ちがうじゃないですか、命令されて作ってるんですよ。そこもわかりませんか?あの組織は上からの命令は絶対のはずですよ。