夕顔の日記

 

オウムのポア と 高森親鸞会の方便

 

オウムは浄化するやらなんやらで、早く殺してやった方が幸せと信じて地下鉄サリン事件おこしました。善悪の基準が破壊されているんですね。この世のでも。

 

高森親鸞会の人間は、方便を人間が使うと思っている。

 

三重の坂口美穂子さんが富山のおいしい魚を食べましょうと方便使って誘うんですって。

あの、方便て仏様が使うんであって、そんな人間が仏法聞きにいくのに方便使うとはいいませんよ。それ、ただの嘘。大ウソつき。高森親鸞会はおお嘘つきです。

 

善悪の判断が、これをするためならば嘘をついても堂々しているという点では、オウムと同じように善悪の判断が壊れています。

だから、こういう団体を放置してはいけないんですよ。

なんかよくわからないけどカルトみたいだから、ではない、もっと掘り下げた怖い理由があるんです。

 

警察もオウムの時はお門違いの人を逮捕したり、長く坂本弁護士の行方が分からなかったりしましたね。当たり前ですが、少しは学習してるんでしょうね。

不祥事も多すぎます。でも、自覚もってくださいよ。○○になれなかったから警察でも公務員だから・・・・んな覚悟でいいんですか。