夕顔の日記

 

これは想像です。(事実と思った事と想像と区別して書いています)

今頃、高森会内部で、「あなたの悪口言われているけど、私も書いてあるけどね、あんな者の言うことは嘘だから、違うから、頭おかしいんだから、きちがいだから、奇形だから、見ないでいいし、見て傷つくことはないのよ!!!!」(奇形は言ったのは事実でした。)

と、高森恭子さん

 

これは事実「だから言ったのよ!!!あの子はおかしいって!!私が言ったのよ」高森恭子さんが健忘症で無ければ私におかしいと言ったのです。

それを、またあの近藤智史さんなんかに言うから(彼を信じていたんでしょうね)

宮田さんに言って宮田さんが私に教えてくれて(当然ですよね、会員や縁ある人におかしいと言ったら宮田さんは教えてくれます)

そしたら、面白いように、松本総監が宮田さん(当時は宮田講師)ですがひきづって、高森恭子のところに連行、「あなたは、なんで余計な事を言うのよ!!!!」って、怒りまくりました。

思いますに、怒らなければならないような事を言ったのですか?自信もって言ったなら怒ることは無いでしょう。

ついでに、近藤智史さんに「おかしいと思わないあなたがおかしい!!!!」

もう高森恭子さんという人は全部自分が正しいんですねえ。

 

恭子さん、どうでもいいですよ、信心決定してますか?嘘は許されませんよ。