夕顔の日記

 

なんか今朝からPCが重いのです。書ければなんでもいいんですが、先程、ゲーテを書いてみました。おかしいなあ、と思ってもどうでもいいから追及もしませんわからないことは、言わないこっちゃです。だから親鸞会の講師様は、嘘つきの塊です。特に信心の嘘は言わないことです。ご自身のためですよ。

 

これまで少し書いてみて、日記なら30年分山ほどありますが。池田陽子さん、今は荒田陽子さんですか、私は信心決定しています、と言って大学前で言ったでしょう?

それ、何ですか?といろいろ聞いたのですが初めの終わりですね

 

池田陽子さんは、「田口さんは、ずーーーっと外から見てるからダメなのよ。中から見ないと。」早い話がウオッチャーを責めてきたのです。

 

信心で嘘ついて、高森の「た」も言わずに偽装勧誘するほうが、悪事じゃないですか?

 

ちょうど頭の中にあるものを整理しとこうと思っていたので、PCが起動さえすれば、なんだろうが、どーーーでもよろし。

 

まだまだ、何にも書いて無いので