夕顔の日記

 

高森顕徹会長が突然「法に依りて、人に依らざれ」と ...言い出した、高森顕徹の心はそうではないですよ。今までがずっと会長絶対服従だったんですから。

 

高森親鸞会のややこしい所は、白黒 両方言っておくんです。だから、ややこしいんですよ。

 

会員は白黒両方、聞いていますから、フラフラになるんです。

しかし、ガンガンにやっていることは、絶対服従です。

わが身正しい以外はありません。

 

これを地で行くのが、嫁といえども 高森恭子ではありませんか。

近藤智史さんが、ありし日に一番、ころ〇したい女、と言いました。

 

私の高校の先輩永瀬さんは、あの人と組織でぶつかったから、追い込まれたと言いました。「あの人に目を付けられるとダメなんだって・・・」と言いました。

 

私なんかなんの立ち位置も無い人間ですが、気に食わないんでしょうね。

目を付けられました。もっぱら男性講師部によると松本総監がお気に入りだそうです。

 

松本は息子にそっくりなので、あくまでみかけです。中身があれなら困りますよ。

言うのは、気持ち悪いんですけど。

亡くなる人が多すぎるので、もう私も、黙ってられないんですよ。

私は、あなたなどで手を汚すなどもっての他です

 

しかしこれだけも、亡くなっていかれた方々を考えてくださいよ、高森恭子さん。

因果の道理や、法、それらは今生程度の短い間ではわからないかもしれません。

でも、浄土真宗はそうでない、高森親鸞会浄土真宗ではない、舐めたらいかんですよ。