夕顔の日記

 

なんやら、講師部で3日もぶっ続けで添谷光さんと光晴の事件を話し合ったやら、黙りこくったやら知りませんが、気持ち悪いです。

 

なんのために、一応本堂に来ているのかさえ、忘れています。

 

罪のあるなしの沙汰をせんよりは~~~(他で聞いてください)嫌になるほど覚えたこの御文も、ふっとんでいるわけですね。そういうことが己に大事だから、そういうことしか言えないから、そういう事しか知らないから、そんなバカみたいな話になるんですよ。呆れますね。