夕顔の日記

 

除名殊勲賞に輝いた時に、ひとつやかましい騒ぎの中で思ったことを記しておきます。

あのですね、わたしや、近藤さんに当たり散らしても困るんです。高森に言え、と思います。高森には言えなくて私には言いたい放題、これ、どうしてなんですか?大変傷つきましたし困りましたよ。だって退会者を責められませんからね。高森に、またはその憎たらしい講師に聞く、これが筋ってもんではないですかね。つまりは、言いたい本人ですよ。

違う人間にギャアギャア言っても栓のない事ではありませんか。まあ、今だからいえるんですけどね。