夕顔の日記

 

高森がいうように、聞きたいという人は医師でいうならば急患と同じですたまにもいい事言ってるわけです。

そんな威張りくさって今何時やと思っとるのかあ、は!!!!それこそお得意の御心とやらに反しますよだからこそ、治せるひとでなくてはなりません講師ならば話せる人でなくてはならんという事です。どうですか、どうせ話せないが仕方ないから今月のノルマやで人を集めんないかん。そんなねぼけたもんが、法話では無いということですよ。高森の会のどこにそんな講師がいますか?いい加減な事ならなんぼでも言いまっせー的な人ばっかではないですかドタ牛起こしまっせーて、究極の嘘。高森の親分からしてそんな話をしてきたんだから、その子分どもが話せないのは当たり前ですけどね。

 

いい加減な事を話せんと、一遍ぐらいは反省して辞めて真面目に勉強してみたらどうですか。今一番広告しとるなかで偉いのは渡部だろう。

(口にしませんが。うちの主人はかんかんですけどね、あの嫁によくしてやったのに、なんだ、あの旦那の姿はて 見たくもないというから、見えないからいいやん。緊急でない限り、じじ専でないんだから)