2018-01-31から1日間の記事一覧

夕顔の日記 信心決定したいなら、どんだけでも恥でもなんでも、かけばいいんです。格好つけている場合でないですから。わめこうが、走ろうが、してみなさいよ。おつりどころか、上と下変わりますから。あっという間に人生は終わります。思っても思わなくても…

夕顔の日記 土方徹也さんが本部長に返り咲きたい一心で、添削までしてくれた文章。それをうつしながら高森宛に手紙を書いていました。あほです、これが私のあほな記憶です。 そんなときも本部では着々と支部長制度へ移行していたんですね。 ここで、一回、「…

夕顔の日記 本当に、皆さん 今しないといけないことは何ですか?今、です。

夕顔の日記 「君たちはどう生きるか」の中にもあるのですが、人間は道義的に本当に悪いことをしてしまったと思う事がひとつや二つはある。それを、忘れずにやってしまった事実は消えない。後悔の涙に暮れてもやってはいけないのは言い訳だろう。ああだったか…

夕顔の日記 さてくらい話題が続きましたね。今、吉野源三郎さんの「君たちはどう生きるか」が流行っているようです。売れ行きはすごいと聞いています。どうしてでしょうね。当時、近藤智史さんに紹介したころは誰も見向きもしませんでした。不思議なもんです…

夕顔の日記 いいですか、学生さんに 「なめくじ」 というのは、侮辱ですよ。

夕顔の日記 富山大学の学生から聞きました。花岡は(あの寺のほうからきたと言って裁判になった)学生に 「なめくじ」 「敵は内部にいる」と、ひどい仕打ちをしたようです。人間に対してナメクジなどど平気で言える人間が、どうやって導けましょう。いえ、そ…

夕顔の日記 宮田さんが困っておられましたよ。こういうの、ほんとに困るんだよなあと。 内容は「添谷光講師が、あなた達にはわからないかもしれないけどもあなた達は高森先生に大きなご恩を受けているのよ。」 こんな言い分ならば、だれにでも大きなご恩を受…

夕顔の日記 あのデカい建物群、どう維持しているのか知りませんが 「高森先生がお建てくださり」 と、女性講師中心にヒステリックに叫んでいました。 見ましたから。私は直接、森川美恵子講師に言われました。 なんにもしていない高森がどうやって建てるんで…