2018-01-30から1日間の記事一覧

夕顔の日記 除名殊勲賞に輝いた時に、ひとつやかましい騒ぎの中で思ったことを記しておきます。 あのですね、わたしや、近藤さんに当たり散らしても困るんです。高森に言え、と思います。高森には言えなくて私には言いたい放題、これ、どうしてなんですか?…

夕顔の日記 岸本聡子さんが、三願転入以外に私たちの救われる道はありません、そのように言って、土蔵秘事の人たちは(それって私ですかね) 聡子さんは「大根が一本、大根が二本、大根が三本、抜いたところで、私は救われました、こんな話をしてもわからな…

夕顔の日記 私も少しは気の毒に思い 三重の坂口美穂子さんには三重にいるときに 話そうかとも思いましたけどね、 「私は教学はだめだから、行学で頑張る(つまり、アニメ販売とか金とか、声掛けやら連れてくるとか)」 そんなん言う人に何を言えるんです。げ…

夕顔の日記 自灯明 法灯明 ・・・・・・ はあ だからね、阿頼耶識(ドタ牛とか漬物石)が返事して仏智が満入するという人に、何を話しているのかというのです。しかも、吉田さんや舘さんだけでなく土方もそう。つまり自称講師部はそういう話を頭の中に持って…

夕顔のつぶやき なんだか、今日は高森会 静かですねえ。どうしました。。。。

夕顔の日記 へえ、高森の仲間がこんなことを言い始めました。どういう事でしょうね。 仏陀もあちこち痛くなり、もういつまでも生きていないとなった時に 自らを灯とせよ 仏陀をよりどころとしていた人たちにいわれたそうです。人間国宝みたいな人みたいな人…

夕顔の日記 高森の仲間には「阿頼耶識に仏智が満入する」という派手な事をいうもんがおりますが、高森にはまだまだ沢山の問題があります。嘘吐きに盗作にややこしくして、煙に巻いたり保身に、悪い事のオンパレードです。こんなもんが「善の勧め」???とや…

夕顔の日記 土方講師曰く 「阿頼耶識に仏智が満入することをもって信心決定という」 これこそ、私も宮田さんばりに笑いましたが我慢しましたよ。 あのドタ牛が阿頼耶識だと思い込んでるんです。だから、阿頼耶識に仏智が満入するとおもってるんです。 そして…

夕顔の日記 問題の着物の「はれの日」着物が届いたそうですね。これは、高森 見習わないといけません。いくら嘘つきでも、いくらややこしい悪さばっかりしても、いくら信心もわからんもんを講師などとプライド与えて先生かなんかの真似事させても、真面目な…

夕顔のつぶやき 仏教を通して人間関係のトラブルもだいぶ減りました、、、、、て 高森の仲間 あの、、、、何を言い始めましたのよ

夕顔の日記 まあた、高森の仲間が講師と自称して なごやか仏教? だの「あんなこわい顔のなごやか仏教あるかいな」 ほんわか仏教やら、既成の 仏教団体の講座を真似してややこしくしてわからんようにして団子作って入り込んで、話しとるらしいわ。えーー加減…

夕顔の日記 信心決定という言葉を使って初めて高森の家に電話したのは近藤智史さんです。 その時の電話をかける場所に、私はたまたまいましたから。 最初奥様が電話に出られて、次に高森が出ました。 聞こえるようにしてくれていたので、完全に聞こえました…

夕顔の日記 「支部の事は支部にまかせて講師は布教をしなさい」 高森 いきなり何をいいはじめたんですか?あれほど、自分が物を持たないで他人に持てと言えないと言ったではありませんか。あんたの高森の仲間には、だれも信心決定してないんですよ。そして、…