風邪に気をつけましょう

強い体を作らないといけませんね。 さあ、私も徹底的に除菌を追求しよう

法論をするときの土俵は、一切経?

どこがおかしいのか!一切経に決まっているではないか! そんな声が聞こえてきそうですね。 高森会 正式名称浄土真宗親鸞会 ではここからスタートします。 一切経に文句があるのか!そんな事言っていません。 あくまで、浄土真宗 の土俵で話している時に、哲…

難しい事は書いても分からん

このあたりから、もうダメで、ついていけないのが高森会[正式名称浄土真宗親鸞会] Twitterより~ https://twitter.com/ryuun_kubo/status/1063387022910476290?s=19 また、チューリップ法論で、吉田渉さんが[高森に勝てる訳無い]と言っていましたね、完全に…

ブログ楽しみに応援されていると聞いて現役さんだけどありがとう

ブロをお待ち下さりありがとうございます。励まして頂き感謝致します。 いや、あのクリスマスディナーショーばりの報恩講パンフレットと、何より中身に驚いて、あんぐりしていました。こんなもん、どこから教義にもっていこうか唖然としていました。 そうい…

浄土真宗と自動車学校を同じだと思っている高森顕徹

浄土真宗の教義と自動車学校を同じだとたとえた高森顕徹。このたとえ話を知らない人は新しい人でしょうか。入ったら卒業という事が有るんだと彼は言いました。講師は、[もう聞き歩かなくていいという事が有るんだと]言いました。 ところが、あのおどろおどろ…

Twitterでふと見たら もうね頭が痛くなってきた。高森会は会費が上がると嘆く人ありますよ。

これは親鸞会につながるサイトの画像です。https://t.co/f1y0dwJMJi「浄土真宗の住職、門徒総代、門徒のためのネット講座」というタイトルで非常にまぎらわしいですが、おすすめリンクは親鸞会講師の長南瑞生(中村僚)という人物のHPにつながります。トラッ…

高森顕徹の言う19願

高森顕の言う19願て、ぶっちゃけ比叡山の修行でしょ?そんな事言っていないんだ、て、そう思っている人ばっか沢山いるじゃない。名前挙げましょうか? 比叡山の修行ていうのは、その親鸞会の金集めの鬼の形相、人集めの邪の振る舞いと違うわけです。何が1…

皆さん指摘されているので別の話

西本願寺のビデオにある[自力の仏教]比叡山の修行、生のものを見せて貰いました。高森会で言ってるところの善行とやらとは、比べる事も出来ない凄いものでした。この修行を否定の意味で見せてもらったのです。浄土真宗ですから。 瞳孔が開くまで、修行されて…

質問がありました。

回答だけ、書いておきます。 [絶対の幸福]は浄土真宗の目的という言葉自体が間違いです。また、[みんなが求めているのは良い運命]これは、浄土真宗には無い言葉です。また良い運命に変える為に今頑張っていると主張されても何の宗教だか分かりません。よって…

恩を売っているつもりは恐ろしい

ご恩をありがたく感謝する者は成功し、恩を当然と受け流す者は信用を失い、恩を仇で返す者は身を滅ぼすのである。(光に向かって心地よい果実/高森顕徹さん) — 意地悪な面接官 (@vOZc4cDBfIYR0id) June 21, 2018 高森会[正式名称浄土真宗親鸞会]の会員は犠…

20万アクセスは何を読んだ?

せっかくアクセスしても、こんなものを、信じてせっせと集金して、こんな事を喋っていたら、浄土真宗の破壊、教義破壊は親鸞聖人に対する冒涜。何を夢みて浮かれて妄想の限りを尽くしているの?壊れない幸福とやら、なったと言う者、言うてみ。

御同行であるから、との意見もあるし

高森会の会員も講師も真面目なつもりだろうし、1万歩譲ってなんか書こうと思います。笑 高森会は[全ての人]と言いながら但し除名者を除くだから。阿弥陀如来はそんな阿呆な話はありませんが。 さて、 [何があっても壊れない、絶対の幸福にしてみせるという、…

驚きました

パンフレットのディナーショー?も衝撃でしたが、この解釈凄い。直しようがない。Pontawaさんが妄想の肥大化について書かれていますが、ぶっちゃけ、私としては[とりあえず紅梅先生の論文読んでね]次に、更にその上で沙汰をしようか、と思ったのですが、あま…

飛雲さんの文章を夜中に拝読しました

以下の飛雲さんの文章を夜中に読ませて頂きました。夜中に、はりゃりゃ高森親鸞会は、またまた ワヤの教義を言ってると知りました。命懸けで老後の蓄えもなくなったと会員さんについて先日聞いていたので、大変な事だな、と思います。こんな間違いだらけの教…

これ、浄土真宗の教義でないですね。

#浄土真宗親鸞会 の画像の記事を読んだら分かるが「カネを用意するのは、地獄へ行くより朝飯前だろう!」という発言はムカツク(-言-) #ヤバすぎる緊急事態条項 — 市民派貧乏霊感独身基本ヲタクのデュオス (@theprophetsduos) October 10, 2017

里見浩太朗さん

里見浩太朗さんが高森会[正式名称浄土真宗親鸞会]で歌を披露されました。 これまでお寺のカラオケ等を随分と批難されてましたが、歌が聞けたのならば高森顕徹の話よりは良かったのではと思います。

まさに、一念覚知の異安心

浄土真宗には異安心(いあんじん)といって、間違った信心が定義されています。その中の「一念覚知(いちねんかくち)の異安心」については、以下の親鸞会・高森顕徹会長の主張について論考されたページを読むと、よく理解できます。 『一念覚知説の研究』ht…

高森顕徹の発言を教えて下さった方があります

昭和50年代を知る方だそうで、私はまだ小学生ですかね。内容は 》 教学について、先生は、敢えて「隙」を作ってある。と、仰有ったことが、ありました。 それは、法論に持ち込むための「隙」と言われ、「何だ、高森は、そんなことも知らんのか!」と、相手…

飛雲さんの高森顕徹の[なんちゃって二種深信]

爆笑しました。でも、盗作した会報は二種深信当たりでしたよ。会報も、廃刊にしてしまい自分で作り上げた教義はめちゃくちゃの高森会ですね。 なんちゃって二種深信を妄信する高森顕徹会長と愉快な仲間達 https://t.co/qwkOQAQDKZ — 非僧非俗 (@hisohizoku) …

今テレビでオウム真理教事件特集しています

高森会[正式名称浄土真宗親鸞会]のひとは、多角的なものの見方を学ぶ為にたまには、テレビを見てください。 根も葉もない言いがかりで麻原彰晃は、人を殺していこうとしています。

驚きました

高森会[正式名称浄土真宗親鸞会]の人は、頭が良すぎて、 [うひょー、素晴らしい]等と言っている極楽まで頭の中で想像して、自分で作り上げるんですね? 呆れ果てましたわ。自分で極楽作る。自分で想像したものや、自分で作り上げたものは壊れますよ。何を言…

高森会[正式名称浄土真宗親鸞会]

オウム真理教と高森会[正式名称浄土真宗親鸞会]は、見かけ上やっている事は違います。 同じじゃないんだ!と声高に言うでしょう。 昨夜のオウム真理教スペシャル テレビで見た人ならば、あれ?この心理状態は今の自分でないのか、と、もし高森会の中で思う所…

高森会の講師て今何をしているの

高森会講師は会員の面倒は見ない、ならば何をしているの?もともと、連絡係みたいなもんだったから要らないのだろうけど、 まさか講師の名目で間違い浄土真宗教義を撒き散らしているのならば大問題でないの?[正式名称浄土真宗親鸞会]の浄土真宗の間違いは派…

警視庁啓発の言葉

[自分は騙されていないと思って騙されている状態] 確かに騙されていると分かった時点で騙されていないし、分からないから騙され続ける。騙されている人を説得するのは至難の業だと経験から知っている。 確かにオウム真理教の死刑囚も最期の時まで洗脳の解け…

高森会[正式名称浄土真宗親鸞会]

Pontawaさんのブログを今朝見たら、高森会[正式名称浄土真宗親鸞会]の連中はブログ書いている者は、潰れて欲しいと思って捏造している旨思っているそうで。Pontawaさんに嘘は無い。 さて潰れて欲しい、だけで暇持て余している人は無いですよ。この暇人という…

除名になって本当に良かった

高森会[正式名称浄土真宗親鸞会] 私のような、下っ端の幽霊みたいにフラフラしている人間を、[除名]にし、嫌ってくれた事は、有難い事です。 適当に消える人の多い中で、目を付けて嫌い[除名]にしてくれた事は、この上無い幸福と思います。

pontawaさんのブログをキチンと読んでみてください

Pontawaさんのブログは、キチンと読んでみてください。表現力もさることながら、ここまで分かりやすく本質を知らせてくれるのですから、浄土真宗親鸞会に迷って幸いにして出る事が出来た人も、今だに迷って頑なになっている人も、ひねくれずに真っ直ぐ読んで…

負うた子に教えられ これは息子の学んだ学校の恩師からのものである

大聖おのおのもろともに 凡愚低下の罪人を 逆悪もらさぬ誓願に 方便引入せしめけり 「感無量寿経」の王舎城の悲劇に登場する聖者がたはみなともに、迷いの底にいる愚かで罪深い人々を、五逆や十悪のものをも漏らさない本願の教えに導き入れてくださった。 「…

高森会[正式名称浄土真宗親鸞会の因果の道理]

団体員か、組員が理解している[因果の道理]の程度は、 ⚫勉強を頑張ったら、志望校に受かった。 ⚫悪い事がおきたら、過去に自分が悪い事をしたから。 ⚫チューリップの球根を植えたらチューリップの花が咲いた。 と、こんなんですよ?皆さん一般の人が聞いたら…

当たり前のように書かれた題名、これ一般の人には通じない漠然としたものですね